#3「小学生の授業は何してるの?」国語編

こんにちは!

 

 

寺子屋KATSUMI塾長のしょうご先生です。

 

 

 

 

 

今回は質問されることが多い

 

 

 

「小学生の国語の授業内容」

 

 

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

寺子屋KATSUMIでは

 

 

 

国語の学習において重要なことは

 

 

 

 

「読む・書く・理解する」という

 

 

 

 

3つの学習のバランスだと考えています。

 

 

 

 

 

読む力をつけるための音読

 

 

 

書く力をつけるための漢字学習

 

 

 

理解するための文章読解

 

 

 

の3つを軸として授業を行っています。

 

 

 

 

 

 

はじめは教科書の内容に沿ったワーク

 

 

 

音読や読解を行いますが

 

 

 

力がついてきた!と感じたら

 

 

 

塾専用のテキストを使いレベルを上げていきます。

 

 

 

 

 

知っている・慣れている文章から抵抗なく触れてもらい

 

 

 

それから初めて見る文章にチャレンジしていく流れです。

 

 

 

 

 

 

文面だけで見ると

 

 

 

「私立中学を目指しているの!?」

 

 

「うちの子に塾専用のテキストは難しすぎない!?」

 

 

 

 

と色々不安に感じると思います。

 

 

 

 

 

 

ですが、すごく難しい問題を解く際はクイズ形式で

 

 

 

「これが解けたら天才!」

 

 

 

と面白おかしく解いてもらったり

 

 

 

 

楽しみながら学んでもらう!

 

 

 

という姿勢は変えずに行っています。

 

 

 

 

 

 

 

次回以降は「音読」「漢字」「文章読解」

 

 

 

それぞれについて詳しくご説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

お忙しい中、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

少しでも寺子屋KATSUMIについて知っていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

しょうご先生