#5「私立高校受験の注意点について」

寺子屋KATSUMI塾長、しょうご先生です。

 

 

今回は、来週末に迫った私立高校の受験の注意点について書こうと思います。

 

 

今30代〜50代の親御さんの世代の時とは少し変わっている部分があるので、是非参考にしていただけると嬉しいです!

 

 

 

<その1>

 

受験用願書を書店で買わなくていい

 

 

以前までは私立高校受験をする際、自分で書店まで行き願書を買うのが一般的でした。

 

しかし現在では私立高校で行われる説明会等で配布されるので、購入する必要はありません。
「本屋さんに買いに行ったら、願書が売っていなかった!」という声が実際にあったのでご注意を!

 

 

 

<その2>

 

北辰テストの結果は最低2回分は必要

 

 

私立高校を受験する際、事前相談会にて『確約』を取ります。

 

『確約』というのは「受けてくれたら合格にしますよ〜」とある程度合格を約束してくれる制度のようなものです(これは昔から暗黙の了解で存在しており、あまり公言してはいけなかった内容だった気も…)

 

 

この『確約』を取る際、北辰テストにて私立高校が提示している偏差値を超える必要があります。
1度越えればいい!というものではなく、大半は「2回以上超える」「2回の平均値が超えている」など、最低2回クリアしていることが条件として出されることが多いです。

 

そのため中3の春から北辰テストを受験しテストに慣れ、10月以降の北辰テストでしっかりと偏差値を取ることが重要になってきます。

 

 

 

<その3>

私立高校の偏差値の変化

 

 

「え?昔はここの高校の偏差値これくらいだったのに、今はこんななの!?」

ということが最近よく起きています。

私立高校の偏差値は、高校側の施策等で絶えず変化しています。
当塾の周りの高校でも、毎年偏差値の変更が行われているのを目の当たりにしています。

データを取っていないので無責任なことは言えませんが、体感としては私立高校の募集偏差値は上昇傾向のように感じます。

昔は間口をかなり広く取り、学校内のクラスで細分化するというのが主流でしたが、現在は少数精鋭で学力を伸ばすような形が多くなっています。

 


「昔はこんなに偏差値高くなかった!」ということがよくあるので、是非お子さんに受験を進める前に一度確認をしてみてください。

 

 

 


以上のように、以前の私立受験とは少し変更されている点がいくつかあります。

 

 

受験をする際にはとても重要なことですので、是非参考にしてください。